東京 神奈川 千葉 埼玉 の出張書道教室 [書道 習字 ペン字 毛筆 硬筆]

90分であなたの字は美しくなります  実績ある講師から習ってみませんか? 恥ずかしくないきれいな字を書くために お子様の集中力アップに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

字をきれいに見せるコツ[3]

字はちょっとしたコツで上手に見せることが出来ます。


今回は漢字とひらがなのバランスについてお話します。



何かというと大きさのバランスです。

基本的に「漢字は大きめに、ひらがなは小さめに」書くことが出来れば上手に見えます。


どれくらいの大きさなのか?

ちょっと小さくしただけでは分かりにくいですし、あまりに小さいと違和感があります。

私は漢字を10としたら、ひらがなは7とか、場合によっては6・8くらいで書きます。



自分の中では

☆難しい漢字・画数の多い漢字のあとのひらがなは~

☆横書きの場合は~、縦書きの場合は~

☆特にひらがなの「●」を書くときは~

☆画数の少ない漢字自体は~

といった、文字の大きさについての、いつの間にか身に付いた独自のルールを持っています。



ただ、誰かに教えてもらったわけではないので、正解かどうかはわかりません。

けど自分の中では見やすくなると思っています。

教室で質問していただければ私なりのルールも教えます。


まずは10:7で書いてみてください。

格段に見やすく・読みやすくなるはずです。

| 字をキレイに見せるコツ | 08:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanagasumi01.blog69.fc2.com/tb.php/19-1185cbac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。