東京 神奈川 千葉 埼玉 の出張書道教室 [書道 習字 ペン字 毛筆 硬筆]

90分であなたの字は美しくなります  実績ある講師から習ってみませんか? 恥ずかしくないきれいな字を書くために お子様の集中力アップに

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書道家?それとも書家?

よく質問されるのが、なぜ書家・書道家と名乗らないのですか?

というもの。

さて、そもそも私は書家なのでしょうか?それとも書道家なのでしょうか?

え~と、正直そんなのどっちでもいいです。

あまり考えたことがないですね。。


名刺やHPに「書家」「書道家」なんて書いてあったらカッコイイのかな?

な~んて思ったこともありますが、

所詮自称で名乗れてしまう肩書きなんですから、

あまり魅力はないですよね。

それに第三者から評価されたのなら嬉しいのですが、

自ら「書家」「書道家」を名乗るなんて恥ずかしくてできません。

それに自らハードルをあげる必要性もないですよね。


「書家」「書道家」を名乗りブログに作品をUPしている人の中には、

よく全世界に向けて発信できるなぁと感心するくらい、

ある意味スゴイ字を書いている人もいます。


私には「書家」「書道家」を名乗る力量も度胸も器量もないので…

「先生」というちょうどいい言葉があると思うのですが、

ダメなんですかねぇ?

スポンサーサイト

| 日 記 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるでスポンジのように

先日は幕張のお宅にお邪魔しました。

アウトレットに徒歩で行けるところに住んでいるなんて羨ましい・・・


さて、今回の生徒さんは小学生のお嬢さん2人。

お姉さんは難しい字にチャレンジ!

妹さんは初めて筆を持つ様子。


いやぁ、若いだけあって飲みこみが早いです。

スポンジが水を吸収するかのごとく、修正点をあっというまにものにしていきます。

こちらも教えていて楽しかったです。



妹さんは初めて筆を持ったとは思えない筆さばきを披露。

普通は筆の柔らかさをもてあまし気味になるんですが、すぐに使いこなしてしまいました。


お姉さんは最後に「永字八法」をちょっとだけ練習。

どうです?なかなかいい感じでしょ?最後は右はらいまで上手に書けるようになりました。

1008230011 - コピー

ちょっとだけでしたが、硬筆のコツも教えることができました。

2人ともセンスがあるのでどんどん上手になると思いました。

これからも字の練習を続けて欲しいです。


| 日 記 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エントリーシート攻略セミナー

先日、都内某大学の某サークル?団体?の方々を対象にペン字教室を行ってきました。

エントリーシートに特化した教室で大変面白い試みだったと思います。

1年生の方も参加なさっていたようで、意識の高さがうかがえました。

この超・超氷河期を乗り越えるには、武器はいくつあっても足りないくらいですからね。




ワードでいいんじゃない?とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、

PC作成が義務付けられているなら、もちろんワープロソフトでいいと思います。

しかし、記入方法に指定がなければ、やはり手書きがいいと思います。

気持ちが伝わりやすいのは確かなのではないでしょうか?




『字で気持ちなんか伝わるはずないじゃん!』

というのも分かりますが、残念ながら未だ人事の実権を握るのは義理人情に厚い世代だったりします。



『手書きじゃなきゃダメなんていう会社はこちらからお断り!』

なんて言っている余裕は、超エリート大学卒業予定のコミュニケーション能力が高い人以外ないはずです。



『手書きは汚いからキレイに見えるPC作成の方がいいに決まってる!』

というのは、単にキレイに書こうという努力を怠っているだけです。




私自身の就職活動の経験をふまえ、

☆字をうまく書くコツ

☆(字はうまくなくても)字を上手に見せるコツ

☆いい意味で目立つES

☆私が考える良くないなES

☆面接でペースを握れるES



などをお話させていただきました。


これから各自でちょっと練習するだけで全然変わります。

そうすれば、秋からの活動に十分間に合うはずです。頑張ってください。


お役に立てることを祈っています。

| 生徒さんの成果 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番難しい字[漢字編]

よく一番難しい字は何ですか? と聞かれます。

書家・書道家を名乗る方なんかは、

『一(いち)』 が一番難しい

なんてなカッコいい回答をするのでしょうけど・・・



私にとって一番難しい漢字、それは

『心』

これほど難しい漢字はないと思います。

なんといってもバランスが取りにくいですね。


上手いといわれる人が書いても、癖が出てしまい人によって形がバラバラ。

書家・書道家を名乗る方なんかでも、メチャクチャな『心』を書いている人がいますね。

生徒さんは大丈夫なのか?


格好が付かない漢字のくせに、「真心」「心意気」といった精神的つながりを大事にし、精神的サービスにこだわりを見せる日本人が好む言葉に含まれることが多い。

また、「愛」「恋」「志」「念」「思」のように「感情」や「内に秘めた思い」を表す重要な漢字の一部になっていることが多い。

さらに、字に感情を表すことがありますが、まさに感情をぶつけるべき漢字であるため形が整ってさえいれば良いというわけではない。


この「心」が含まれる文字、みなさん書道のお題に希望することが多いです。

私もできるだけのアドバイスは提供しますので、納得のいく作品を一緒に仕上げましょう。

難しい字ではありますが、教えることに関して若干の自信はあります。

なぜならこの漢字については師匠から随分鍛えてもらいましたので。

最後のほうは完全にゲシュタルト崩壊を起こしてました。

| 日 記 | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

字をきれいに見せるコツ[5]

字はちょっとしたコツで上手に見せることが出来ます。


今回は前回の続きです

中には細いペンのほうがキレイに書ける、という人がいるかと思います。

キレイに書けるか書けないかは、ペンとの相性もあるでしょうから、人それぞれだと思います。


前回私が指摘したのはどう見られるべきかということです。

たとえば企業の担当者は何千・何万という履歴書・エントリーシートに目を通します。

書いてあること全部に目を通すはずがないのです。

そんなことは不可能ですから。

たまに、エントリーシートの枠一杯に極細のペンでギッシリ自己PRを

書いている人がいますが、ほとんど無駄に終わっていると思います。


言いたいことは端的に書くべきです。

短くまとめることも社会人に必要な能力の一つだと思います。

私の経験から言わせてもらえば、少々書き足りないくらいのほうが、

採用担当者が質問をしてくれて面接が盛り上がるというものです。


また、ある程度お年を召した方であれば小さい文字というのは

苦痛でしかありません。

読みやすい字で書くだけで、間違いなく好印象を持たれるはずです。


一応超氷河期をくぐりぬけてきましたので、この理論には自信があるのですが・・・

なんか就職活動の話になってしまいましたが、もし参考になれば。

| 字をキレイに見せるコツ | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。